車屋さんの営業の方へ

軽自動車 解体返納届出の料金・必要書類

軽自動車を解体した場合の手続きについてご紹介しています。
自動車重量税の還付がある場合は、同時に申請を行います。

愛媛ナンバー、愛媛県に引越しをした方の自動車の解体届出ならお任せください。

一時使用中止をしていて、ナンバープレートと車検証を返納済の自動車は解体届出という手続きになります。

この場合、「廃車してある車をスクラップ(解体)した場合」で必要書類をご確認ください。

車検証もナンバープレートもある状態で自動車を解体した場合は解体返納届出という手続きになります。

この場合、「廃車してない車をスクラップ(解体)した場合」で必要書類をご確認ください。

解体返納届・解体届出の料金例はこちら

ご依頼の流れはこちら

よくある質問はこちら

廃車してある車をスクラップ(解体)した場合

必要書類 備 考
申請書 OCR用紙(軽4号の3)
所有者の押印(個人の場合は認印、法人の場合は代表者印)が必要。

移動報告番号及び解体報告記録がなされた日を申請書に記入。

※廃車中の軽自動車の解体届出は所有者申請なので、使用者の押印は不要。
申請依頼書(4号の3用) 申請書に押印がない場合に必要
(解体届出、重量税還付申請)
自動車検査証返納証明書  
自動車重量税還付
申請がある場合
(1)還付金を受領する方の金融機関名、支店名、口座種類、口座番号又は記号番号を記入。
(2)代理人申請の場合、所有者が押印した申請依頼書が必要で、還付申請書の申請代理人欄に記名押印が必要。
(3)所有者が自動車重量税還付金の受領権限を委任する場合は、所有者が自署、押印した委任状(代理受領)が必要。印鑑証明書や住民票は不要。

廃車してない車をスクラップ(解体)した場合

必要書類 備 考
申請書 OCR用紙(軽4号の3)に使用者の押印(個人の場合は認印、法人の場合は代表者印)又は署名が必要。

(1)所有者の押印(個人の場合は認印、法人の場合は代表者印)が必要。
(2)移動報告番号及び解体報告記録がなされた日を申請書に記入。
申請依頼書 申請書に押印がない場合に必要
(返納届、解体届出、重量税還付申請)
自動車検査証  
税申告書  
自動車重量税還付
申請がある場合
(1)還付金を受領する方の金融機関名、支店名、口座種類、口座番号又は記号番号を記入。
(2)代理人申請の場合、所有者が押印した申請依頼書が必要で、還付申請書の申請代理人欄に記名押印が必要。
(3)所有者が自動車重量税還付金の受領権限を委任する場合は、所有者が自署、押印した委任状(代理受領)が必要。

※注意事項

  • OCR用紙は軽自動車検査協会の窓口にあります。
  • 解体(返納)届完了後、保険の解約等の理由で現在事項証明が必要になる場合があります。
    現在事項証明の取得には解体した車両の車台番号、登録番号、解体時の所有者氏名、住所、所有者の押印(OCR3号、認印可)が必要です。
    また、上記手続きを代理人が行う場合には現在事項証明取得用の申請依頼書(所有者押印)が必要です。
  • 使用中止をしていない軽自動車の解体届出をする場合は、自動車重量税の還付がある、なしを問わず所有者、使用者とも押印が必要。(4号の3)申請代理人の押印も必要。
    自動車重量税の還付がある場合は、4号の3に所有者、使用者の押印があっても、別途、申請依頼書(4号の3用)も必要。
  • 所有者が自動車重量税の受領権限を第三者に譲渡する場合は、申請依頼書(4号の3用)と、受領権限の委任状の両方が必要。ただし、印鑑証明書等は不要。

必要な諸費用
なし 無料

解体返納・解体届出のご依頼流れ

手順 誰が 手続きの詳細
ステップ1 お客様

まずはお電話またはメールにてお問合せください。

解体返納・解体届出手続きのご依頼をご検討いただいている旨、お問合せ時にお伝えください。

車検の残存期間が1カ月以上ある場合は、自動車重量税の還付申請を行うことができます。

愛媛ナンバーの抹消が必要な愛媛県外の車屋さんからのお問合せを多数いただいております。

なお、お問合せ・料金のお見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

ステップ2 お客様、当事務所

料金のお見積り、手続きの期間などをご案内。

必要書類(車検証、申請依頼書等)がそろっているかなどを確認いたします。

申請依頼書等のダウンロード

状況の確認が取れましたら、料金と手続きにかかる期間のご案内をいたします。

料金等にご了解をいただけると正式にご依頼とさせていただき、永久抹消・解体届出手続きを行います。

※一時使用中止をしているかどうかで、必要書類が異なります。
一時使用中止手続きの詳細は下記ページをご覧ください。

一時使用中止はこちら

ステップ3 お客様

必要書類を当事務所まで送ってください。

ナンバープレートを返納していない場合は、ナンバープレートを車からはずし、書類と一緒に送っていただきます。

書類の送り先住所はこちらで確認できます。

「必要書類がわからない」方は、お問合せ時にその旨お伝えください。ご案内をさせていただきます。

※当事務所で手配が必要な書類がある場合はその旨ご相談ください。(申請依頼書の取得など)

ステップ4 当事務所

軽自動車検査協会で手続きを行います。

書類が当事務所に届いたら、内容を確認の上手続きを行います。

万が一、書類に不備などあった場合はこちらからご連絡をいたします。

解体返納・解体届出を行うためには、自動車が解体業者に引き渡された後、解体処理が適正に行われ、解体報告が軽自動車検査協会に届いていることが必要です。

この解体報告のデータが軽自動車検査協会に届いていないと、解体返納・解体届出をすることができません。

ステップ5 お客様

書類の受取り、料金のお支払。

手続き完了後、手続きが完了した後に交付される書類、自動車重量税の還付額が記載された書類などをご依頼者までお送りいたします。

自動車重量税の還付がない場合、解体届出後に軽自動車検査協会からもらう書類はありません。

保険の解約等で廃車したことの証明が必要な場合は、別途現在事項証明書等を取得することになります。
現在事項証明書の取得について

書類到着後、同封されたご請求書をご確認の上、お振込をお願いいたします。

お支払いは書類到着後、10日以内にお願いしております。

解体(返納)届出の相談事例

  • 軽自動車を解体(スクラップ)した。手続きをしたい。
  • 重量税の還付申請も一緒に手続きしてほしい。
依頼した場合の料金例

お支払総額:6,300円

(内訳)

代行手数料 6,300円

手続き完了後の書類を送付する場合は送料500円が別途必要。

注意事項

  • OCRシートは当事務所に用意しています。
  • この料金は一般的なケースです。費用合計額は、必要書類の準備状況や現在事項証明の取得が必要なのかどうか等で異なります。
    詳細はお問合せ時に必要な手続きを確認の上、お見積りいたします。

よくあるご質問Q&A

1、依頼してから手続きが完了するまでの期間は?

まず、ご依頼をいただいてから必要書類やナンバープレートを送っていただいたり、ご準備(車検証やナンバープレートなど)していただく期間が必要になります。

書類が当事務所にそろったら基本的に書類が完備された当日に手続きを行います。

ただし、解体返納・解体届出をするためには、自動車を解体業者に引き渡し、業者が適正に解体を行い、解体報告記録を行っていることが必要です。この解体報告記録が軽自動車検査協会に届いていないと、手続きを行うことができません。

▲上に戻る

2、自動車重量税の還付申請とはどういう手続きですか?

自動車リサイクル法に基づき、使用済自動車が適正に解体され、解体後の解体返納届または解体届出と同時に自動車重量税の還付申請を行った場合には、車検の残存期間に対応する自動車重量税額が還付されます。

ポイントは、解体返納届または解体届出の手続きと同時に行うということです。

詳細は、お役立ち情報ページの「自動車重量税還付申請について」でご確認いただけます。

自動車重量税の還付制度について

▲上に戻る

3、解体返納届や解体届出はどこで手続きできますか?

解体返納届(ナンバープレートの返納を伴う解体届出)は、軽自動車の使用の本拠の位置を管轄する軽自動車検査協会の事務所でおこないます。

愛媛ナンバーの車(県外に引越しをしている場合を除く)、所有者の方のご住所が愛媛県の場合は、軽自動車検査協会で解体返納届を行います。

解体届出(一時使用中止をしていて、ナンバープレートが付いていない車)は、最寄りの軽自動車検査協会の事務所で行います。どこの都道府県で行っても大丈夫です。

▲上に戻る

軽自動車をスクラップにした方、
解体届出や自動車重量税還付請求ならお任せください。
初めての場合でも親切・丁寧に対応いたします。

相談無料! ご相談・お問い合わせはこちら

このページの先頭へ