車屋さんの営業の方へ

申請の必要書類について

自動車保管場所証明申請書

申請書は、複写式で4枚綴りになっています。

  • 自動車の情報(車名、型式、車体番号、大きさ)
    自動車検査証、完成検査終了証などの通りに記入します。
  • 自動車の使用の本拠の位置
    自動車の保有者その他自動車の管理責任者の所在をいい、具体的には自動車の運行の用に供する拠点として使用し、かつ、自動車の使用の管理をするという実態を備えている場所をいいます。

    実際に居住実態及び営業実態のある場所でなければいけません。

    ※単に登記事項証明書や住民票に住所が記載されてあるということだけでなく、実際にそこで生活している、営業しているということがなければ使用の本拠の位置として認められない場合があります。
  • 自動車の保管場所の位置
    駐車場の所在地と車庫の特定番号を記載します。特定番号の記載とは、駐車スペースに「1番」「2番」といった番号がある場合にはその番号も記入するということをいいます。
  • 申請者欄の記載
    申請者とは、通常自動車の所有者または使用者の方になります。ローンで自動車を購入する場合等で所有者がクレジット会社やディーラーになる場合は使用者(購入者)が申請者になります。
    申請者欄には住民票、印鑑登録証明書に記載されてある通りに住所、氏名を記載します。

※代替となる車両がある場合は、その車両の登録番号も記入します。

自認書または保管場所使用承諾証明書

保管場所が、自動車の保有者の土地又は建物の場合には自認書を作成します。
申請者本人が記入をし、印鑑を押します。

自動車の保管場所が他人(申請者以外)の土地又は建物の場合は、使用承諾書を使用します。
駐車場の所有者や管理をしている会社が記入をし、印鑑を押します。
訂正があった場合は、承諾者が押印した印鑑でないと訂正ができません。

  • 使用期間は原則として3カ月以上必要です。
  • 証明書発行日までに契約期間が到来するものでなければなりません。

※借家の場合は大家さん、アパートの場合は不動産業者または大家さんに使用承諾書をもらうのが一般的です。

所在図・配置図

自動車の保管場所の位置や、使用の本拠の位置(住んでいる場所)から駐車場までの距離や行き方等を記入します。 保管場所は、平面の寸法、駐車場に入る道路の幅や入口の幅なども記入します。

立体駐車場の場合には、「高さ」も記載します。

上記の書類が全て揃ったら、車庫の位置を管轄する警察署に書類を提出します。 申請の際には、愛媛県証紙2,600円が必要です。証紙は各警察署で購入することができます。

このページの関連ページはこちら

必要書類のダウンロード  車庫証明代行  書類の送り方  お客様の声

▲上に戻る

相談無料! ご相談・お問い合わせはこちら

このページの先頭へ